• 2015.03.09 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |



手作り味噌のセットを買ったまま気づけば1ヶ月近く経っていた。
昨日作るつもりで朝イチ、大豆を水に漬けたものの夕方から忙しくなり夜から豆を煮始めた。その後、夜中から忙しくなってきて結局味噌がめに味噌を入れたのは本日の夜。丸々2日がかりとなってしまった。こんなに暖かい日に仕込んでいいものか・・・と思いつつ熟成を待つのが楽しみ。1年位は置いてから食べ始めたい。

味噌作りは今回初めて。たまにおばあちゃんが作っていたのだけれどお味噌汁は好きでも、他の味噌料理は好んで食べないので色々に話をされても右から左へ、という自分にようやく気がついた。しかも欲張り過ぎたのか豆の量が多くて我が家のルク、無水鍋2つを使い大豆を煮た。大豆の量は忘れたけれど、麹が1,5キロに塩を700グラムは使ったので、とにかく混ぜるのもおっかなびっくりだった。実家から大きなボールを借りてきてはいたけれど、それでもギリギリ。

今回重宝したのがバーミックスで豆はアツアツのうちにあっという間にすりつぶす事が出来た。でも個人的には豆を戻す所から作るのは1回で満足。次からは煮て潰してあるセットで作ってみようかと思う。

コビトには散々「お味噌作ろうね!」と盛り上げつつ手作りセットを取り寄せたのに、こんなに放置して忘れた頃に作り始め、思ったほど混ぜさせてもあげなかったので、本人にしたら物足りなかったかも。最後はおだんごのように丸めた味噌をカメの中に投げつけながら入れるのでやらせてあげるつもりが私が見本のつもりで投げつけた1回目がカメの淵に当たって飛び散った。私もコビトも大笑い。しかし、これはやっぱり頼めないと判断し「また来年ね」とよく分からない言い訳でなんとなくおさまった。コビトはカメの前に座ったままカメに手を添えて押さえているつもりだったかも。だんごを投げつける度にゲラゲラ笑って大ウケしていた。

確か出来上がり量は5,3キロだったはず・・・。
食べきるのにどの位かかるのかしら〜?

*****
夕べ、夜中から息子が39度近い熱を出した。(なので夜中にバタバタ。)ここ2日ほど色付きの鼻水とお腹が緩い様子だったので一応病院の予約を入れておいたら真夜中からグングン上がり出したのだ。今朝も微熱で病院でも高目をキープ。溶連菌の疑いありで検査することに。幸いこれではなかったので4日分の抗生剤で済んだ。
もし溶連菌だったら抗生剤は7〜10日、でもそれ以上に長く飲む事になる子も多いのだとか。そのひと月後には尿チェックもするらしく、これから保育園が始まる身にはちょっとキツイなぁと思っていたのだ。驚いたのが溶連菌の潜伏期が21日もあったこと。そんなに長く潜んでいるウィルスもあるのね。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.