• 2015.03.09 Monday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |



ようやく気温も落ち着いてきたような。

暑い夏。暑すぎる夏を経て背が伸びたと言われている息子。
保育園のプールではうっかり(笑)浮かんだとか、お泊りが出来たとか
成長成長。
ついでに歯も抜けちゃいました。
色々あって2本目は麻酔なしの居合い抜き!
自分の成長過程では考えられないような出来事が我が子の成長では起こります。
まぁ、楽しいばかりではないけれど。
2本目の永久歯は捻転かも・・・。
経過観察が必須になりました。
矯正だけは免れたいけれど、どうなるんだか。
痛いのが分かるのでかなり気になります。

写真はもちろんランドです。
ハロウィンのパレード楽しかった〜。

先週からの風邪がいまだ治らない息子。
保育園生活が始まったことによる生活リズムの変化、送迎の負担は大きい様子。
保育園での昼寝はまだしっかりと撮れないようだが自宅で朝起きられない様子、おばあちゃん宅での夕寝でピクリともせず熟睡する様子は『疲れ』を見事に表していると思う。

さて、保育園と薬。
これは本当に永遠のテーマではないかと思う。
預ける側の希望、受ける側の考え、どちらも間違ってはいないと思う。

今回風邪になり感じたこと。
保育園は基本、薬は預からない。
だから病院で処方して貰う薬は1日3回ではなく1日2回で処方して貰う。
しかし今回は徐々に悪くなっていき、結局は抗生剤を使用することになった。
抗生剤は1日3回で飲ませるのが主治医の方針だったので園で受けて貰えるか打診してみた。
返事は予想通り薬は受けないとのこと。
再度主治医に1日2回でお願いして欲しい返事が書かれていた。

その流れで病院に問い合わせた返事が・・・。

抗生剤は1日3回で、との答えが。
1日2回で出せるのはクラリスという薬らしいのだが、これも本来は1日3回。

1日3回分の薬を2回にするのだから1日量が同じなら1回の薬の量が増え体に負担がかかるのではないかと思っていたのだが、これが間違いだという事が分かった。
1日3回を2回にするということは薬を飲んでからの時間が長くなるので効き目が薄く?なってからまた飲む事でなかなか効かず、治りが遅くなる、というような話だった。
大げさに言えば『1日2回では効かない』という事。
他の話もあって1日量が2回も3回も同じなのかは確認出来なかったのだけど、1回量が増えるという事ではないのだろうな・・・と推測。

抗生剤はウィルスをやっつける薬で、飲んだらすぐに溶けて体の中から出て行く物がいいのだと言う。
以前別の病院で3日飲んで1週間効き目があるという薬を処方された事があるのだけど、なんとなく気が進まず子どもには飲ませなかった。
3日飲んで1週間薬の成分?が体に残っている事がいいのか悪いのか、ここでは言わないけど、でも飲ませなかった親の直感は外れてはいなかったのかな〜なんて思ってしまった。

で、保育園。
薬を2回に処方して貰いましょう、というのには『決まり』だから仕方ないと感じるのだけど、昼に飲ませにくるのならいい、というような文面には目が点になってしまった。
確かに地域性で自営業の子どもの多い所なら可能かもしれないけれど外でフルタイムで働いている親に対して言うセリフではないと感じた。また、1日3回なら時間をずらして朝夕方、就寝時にというやりかたも、というのもよく聞くけれど迎えが6時7時の親なら、どうやっても2回目と3回目の間隔が開けられないことは誰だって分かる。

集団生活だからどうにもならない事があるのは重々理解しているけれど、次々色々と出てきます・・・。

*****
そしてコビトの風邪は良くならず・・・。今晩は好きなだけ寝て貰いましょう。この週末でしっかり治してあげなくちゃっ。

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.